ハギログ

書店員、23歳、水瓶座。

2018年8月20日 (前)自分との約束だけは守れ

 

銀魂の題名みたいになりましたが

今日は「自分との約束」について考えてみます。

 

みなさんは自分との約束事はありますか?

毎日、あるいはその時に必ず守っていますか?

 

私はいつも自分に裏切られてきました。

 

今まで自分に約束したり、

宣言したりしたものが数えきれないほどあります。

たとえば

 

・神奈川総合高校に行く

・MARCH以上の大学に行く

・通訳か翻訳の仕事をする

・出版社で働く

・ダイエットする

・貯金する

・5時に起きる

・一人暮らしする

・本屋さんで働く

 

大なり小なりたくさんあります。

思い出せないだけで、日々たくさんの約束を

無意識に自分と交わしています。

 

そもそも、「約束」は言い換えれば

「夢」「目標」「習慣」「ノルマ」になります。

 

たくさんの夢を見て目標を立てて

それで満足してきました。

では、その「約束を守るため」に

何が足りなかったか?

 

それは圧倒的に「行動」です。

 

どのビジネス書にも書かれていて

どの成功者も語っていることですが

たくさん読書をしても、勉強をしても、思考しても

行動しなければ、アウトプットしなければ

「成功も失敗もない」「0が0のまま」なんです。

 

本当に神奈川総合高校に行きたかったなら

進学塾に通わせてもらうこともできたし

家でコツコツ参考書を解く時間を作れたはず。

そしたら、良い大学に行けたかもしれないし、

通訳になれたかもしれないし

出版社で働けたかもしれない。

全部「かもしれない」のは

行動しなかったせいで結果が分からないから。

 

私はいつも

自分が「やればできる」と過信していたからこそ

「やってもできない」かもしれない自分に怯えて

夢を夢のままにしてきました。

努力出来る人は「努力できる才能がある」と思って

コツコツ続けて結果を出すことは

自分には出来ないことだと思って逃げてきました。

 

なんとなく入った高校でなんとなく過ごして

なんとなく入った大学でなんとなく過ごして

「あの時、勉強していたら今頃何してたか?」なんて

たらればを繰り返しては

もう遅いな、って考えるのをやめてきました。

 

社会人になる時だって

色んな夢を諦めて…なんて追いかけてもないくせに

諦めるなんて贅沢な言葉だけど

まあ、ぼんやり抱えたままなんとなく就職しました。

 

やりたいことは本当は他にたくさんあるけど

好きなことはこれじゃないけど

親に迷惑をかけないだとか

友達や同級生や親戚や世間に恥ずかしくないだとか

そういうことを考えました。優先しました。

結局、その会社は辞めてしまって

派遣社員として半年も転々としてしまいましたが。

その時も、情けなくて。

親や周りに、自分のことを胸張って説明できなくて。

説明できないってことは

自分のやってることに自信が持てないということ。

その選択を自分が選んだことが悔しかったです。

 

「好きなことを仕事に」「好きなことで生きていく」

素敵な響きですよね。

でもね、そんなことを本当に出来る人は

自分が行きたいと思った高校に行けて、大学に行けて

自分がやりたいと思ったことのために

コツコツ努力できる選ばれし人だけなんです。

私は「もう遅い」からムリなんだなって。

 

字数が長くなるので

続きは明日に。