ハギログ

書店員、23歳、水瓶座。

2018年8月29日 「ぼくたちは習慣で、できている/佐々木典士」

 

ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

 

 ・天才とは、ただ努力の継続ができる人のことをいう

・良い習慣を身につけられない原因は、目の前の報酬に屈服してしまうから

・その習慣は自分の子供にも身につけてほしい習慣か?

・終わった後に達成感ではなく後悔が残るものはやめる

・きみが捨てたもの、捨てようとしたものの大きさを見れば、きみが手に入れようとしているものの大きさもわかる

・やる気に頼らない、とりあえずやり始める

・判断に迷ったら、将来胸を張って話せるように物語を紡ぐ

・毎日やらないと無意識にならない

・下げていいのは難易度であって頻度ではない

・明日の自分は今日の自分と同じことをする

・はっきりした計画は、選択という苦痛から解放してくれる

・今日も習慣を続けられたという自己肯定感を報酬にする

 

【感想】

著者はミニマリストの先駆者だそうで。

 本屋さんでこの本を見たことがある人もいると思います。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

ミニマリストシンプルライフ、持たない暮らし。

Instagramでもハッシュタグで検索するとたくさん出てきます。

好みなんですけどね、暮らし方なんて。

わたしは好きだし、ミニマリストになりたいなあと思って

いろんな方のブログを読んだりしてるんですが。

 

で、今回は「習慣」について。

じつはメンタリストDaiGoにハマるより先にこの本を読んでいました。

選択肢があるほど人は迷い疲れるそうです。

だから決めてしまう=習慣化してしまう とラクになって

そのほかの大切なことに注力できるようになるという話。

 

明日は何時に起きよう?何の服を着よう?ジムいつ行こう?

お金をいくら降ろそう?梅とシーチキンどっちにしよう?

そんなことはもう決めておけばいい!

毎日6時に起きよう、私服の制服化、ジムは月水金

お金は8のつく日に1万円、おにぎりは食べたことのないもの!

決めておいて、その通りに動けばいい。

 

モノを減らすことで、選択肢が減る。

お気に入りだけを残すことで、どれを選んでも後悔しない。

本当に好きなものにだけはこだわる。

 

今自分が所有しているものを書きだすのもいいですし

1週間の行動を書き出してみるのもいいですね。

いかに不要なものに囲まれて消耗されているか気づき

モノや行動を取捨選択して身軽になると人生が回り出す。

 

私も、モノを減らそうと思います。

あまりもともと多く持っていないつもりだけど。

よくない習慣も洗い出して改めなくてはな。

さいきんなぜか起きられなくなっているのはなんでだ?

 

minimalism.jp

 

ブログもオススメです。

 

それでは今日も1日お疲れ様でした。

また明日!