ハギログ

書店員、23歳、水瓶座。

2018年9月26日 つま先から夏が終わりまつげから秋がくる

明け方あまりの寒さに目を覚ました

フローリングの床で一気につま先が冷えた

トイレに行ってもうひと眠りして

雨の中仕事に行く彼氏を見送ってもうひと眠りしたら

11時前になってしまっていた

昨日は友達と飲んで帰ってきたので寝るのが遅かったのに加えて

余りの寒さに冬眠モードになりかけたのだと思う

 

食べ物がないので、お昼を食べに準備してたけど

とにかく寒いのでマスクをして出たら

吐いた息と外気の温度差でまつげが結露した

 

3年前くらいの真冬に

バイト終わり0時ごろ自転車で坂道を登ってたら

まつげが結露して視界が突然ぶわってきらめいたことがある

そのきらめきが忘れられないけれど

それ以来まつげが結露しても世界がきらめいたことはない

夢でも見てたのかしら

 

夢でも見てたのかシリーズでいうと

6年前くらいにこれまたバイトから帰ってきて

深夜のお笑い番組を見てたら突然猛烈に喉が痛くなって

声が夜中じゅう出なくなったこともあった

次の日の朝ふつうに声が出たんだけど

あれもなんだったんだろうな

 

幼稚園の時のクリスマスの夜に

寝てたら寝室にサンタさんが入ってきて

私の顔を覗き込んできたことがあったんだけど

それに至っては絶対に現実だと思うんだ

 

昨日友達と飲みながら昔の話になって

なんだかんだ思い出話をすると

「楽しかったよね」って結論になるね

ってなってさ

本当に思い出はそれなりに美化され笑い話にもなるんだ

それはみんなそうなのか

私がただ恵まれていたのか

 

去年も昨日も今も、つらかったことや嫌だったこと

忘れたいこともすべて、いやそれなりに

笑い話になっているといいなと23歳の秋の入り口で思う

 

嫌な思い出を嫌な思い出として

決して風化させず許さず持っておくことも

大事だと思うけどね

 

要はバランスさ

ちゃんとしすぎてても愛せないって

欅坂も歌っていたでしょ

 

私は言葉や思いをたくさん持っている人が好き

自分の思いや考えをちゃんと突き止めてほしいよ

スワイプして消せる時代だらこそ

スクロールしてみて見ぬふりが出来る時代だからこそ

ページをめくる手を止めてよ

 

 

それでは今日も1日お疲れ様でした。

また明日!