ハギログ

取るに足らない

2019年1月22日

日々、何を考えて何を思っているのかを、忘れたくないと思っていたけれど、なぜだか最近はほどよく忘れた方がいいと思っている。

何事もない、ということは、本当はいいことなのかもしれない。前はそうは思えなかったけど、なんだか今はそういう気持ちで日々を過ごしている。

24年近く生きてきて思ったことは、奇跡や魔法はやっぱりなかなか起きなくて、どんなに良い日もどんに悪い日もすべて昨日の続きで、明日は今日の続きということ。

だから、なるべく良いことは明日にも持っていって、悪いことは今日に置いていって、そんなふうにバランスを保ってなるべくまっすぐ立っていたい。

あまり友達と会わなくなって、さみしくもなるけれど、本当に必要ならどこかでまたふと会うようになるんだろうし、思い煩うことなく今ここに集中して味わって、それできっと大丈夫。

このブログを誰が見てるかわからないし、誰も見ていないかもしれないけれど、そうね、わたしは相変わらずこんな感じでやっています。


それではまた!