左目

書店員、24歳、水瓶座。

2019年2月11日 10%ずつ変えていく

何かを始めたりやめたり
習慣を変える時は
いきなり全部を変えると
脳が拒絶反応を起こしてしまうから
脳に気付かれないように
少しずつ、だましだまし、変えていくといいらしい。


ふだん、7時に起きる人が
いきなり5時に起きるなんて到底むずかしく
相当な意志力を必要とするから
まずは6:50に起きるのを1週間やってみる。
もっと早く起きられそうと思っても
6:50を徹底する。
次の週は6:40、その次の週は6:30、と
ちょっとずつ早めていくと
だいたい3か月後には
5時に起きれるようになる、らしい。


わたしは早起きしたいとずっと思ってるけど
もしかしたら別に早起きしたいわけでなく
時間を有意義に使いたいだけなのかもしれない。

時間を有意義に使うというのが
自分にとってどういうことなのか改めて考えると
『何かをしたい』より『ムダなことをしたくない』ということらしい。

たとえば、昼寝だったり、スマホだったり。

それらにたっぷり時間を使ったあとは
かならず強い罪悪感がある。
それらを断つことが出来れば早起きしなくても
ある時間を他のことに使えて満足するはず。


昼寝はあまりしないんだけど、してしまう時は
だいたい起きるのが10時くらいで
午前中はダラダラYouTubeみて
午後もKindleで雑誌読んでお菓子食べて
夕方くらいに目が疲れて
30分寝ようと座椅子に移動して寝るけど
結局もっと寝たくて途中で布団に移動してる。

朝起きるのが遅いと、
そこからズルズルどうでもよくなってしまうので
遅くても8時くらいに起きるべき。


スマホYouTubeInstagramが時間泥棒。

YouTubeは彼氏が見てる時に一緒に見る。
Instagramは自分が投稿するときに
タイムラインで未読のものだけ。

電車の中や休憩中は
Kindleかブログ更新のみにしよう。


ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。


この本、本当におすすめです。
何度も読み返しています。